『ベンガル猫おんなの園』

ベンガル猫とモモンガの楽しい毎日、時々ビーシュリンプ登場!

02月« 2011年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう

オトニャンになる前に早く手術を・・・っと思っていたのに月日が経つのは早く
1月に誕生日を向かえオトニャンになったチャーミーは
発情期を2回迎えてしました
チャーミーにとって発情はストレスです
子を残すことが出来ない事は重々承知しているのに
もうこれ以上、手術を伸ばす事は出来ない!

と言う事で2回目の発情時、動物病院の先生に相談することに
そして、病院の先生から勧められた術後服



IMG_4702.jpg

色々ネットで探したのですが
術後、気分の優れないチャーミーに可愛いお洋服を着せてあげたくて
「おこぽけっと」
とういお店で見つけたイチゴの術後服を買ってあげました^^


そして遂に本日避妊手術決行



6時にお迎えに行きお家に帰ると・・・




IMG_4737.jpg

部屋の奥で辛そうにジッとするチャーミー





IMG_4727.jpg

そこへフェアリーねえちゃんが来て
いつもと違うにおいに興味津々、しつこくにおっていました
麻酔のせいで、まだ目が虚ろです



IMG_4744.jpg

術後服を前から見た感じ
首は紐で調節し、傷はスッポリ隠れています
オマタの部分は伸縮する包帯ですので動きやすそうです



IMG_4747.jpg

ガーゼ生地で背中はホックになっているので着せやすいです




そしてチャーミーの大事なもの




IMG_4751.jpg

先生いわく大きくてしっかりしていると
手術の相談の時、切除した子宮が欲しいと言うとビックリされてました
理由を聞かれて「チャーミーが虹の橋を渡る時に持って行かせます」と答えると
快く了承して下さいました


気になってた避妊手術
ホッとした様な
寂しいような不思議な気分です




お茶目なフェアリー、チャーミングなチャーミーに
ポチッとして下されば嬉しいです(=^・^=)
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。